Galiei note

シンプルで豊かなライフスタイルを目指し発信するメディアです

快適な眠りを約束するテントマット3選 |キャンプ・ テント泊でも快適な眠りを確保しよう!

f:id:galilei-note:20170819130845p:plain

はじめに

テントマットは、シュラフと同じく、テント泊での寝心地を左右する重要なアイテムです。

重要なアイテムにもかかわらず、シーズンや目的(キャンプか登山か)によって、どのマットを選べば良いかわかりづらいですよね。

そこで今回は、ただ敷くだけで快適になるウレタンマット、勝手に膨らみ、小さく収納できるインフレータブルマット、ポンプなどを使って膨らませるエアマットのそれぞれのカテゴリーごとに、おすすめのテントマットと使えるシーンを紹介します。

テントマットを間違えると、夜寒く感じたり、寝心地が悪く何度も起きてしまいます。

こちらの記事が、みなさんの目的にあったテントマット選びの助けになれば幸いです。

ただ広げるだけ!ワンタッチで使えるウレタンマット

f:id:galilei-note:20170819131223j:plain

はじめに紹介するのは、ただ広げるだけで使えるウレタンマットです。

ウレタンマットの中で最もおすすめできるのは、サーマレストのZライト ソルです。

サーマレストは登山やキャンプで使用するマットレスの専門ブランドで、特に北米・欧州では高いブランド力を誇っています。

Zライト ソルの特徴は、空気の出し入れをする必要がない簡便さと、その機能性です。

発泡させたEVAという材料を使用しているため、空気層が厚く、軽さ、クッション性と断熱性を同時に実現しています。

また、アコーディオンのように(じゃばらのように)簡単に収納・展開ができ、テント室内の準備・片付け時も困りません。

テントマットでお悩みの方は、まずはこの商品から始めみてはいかがでしょうか。

断熱性も十分で、ダウンシュラフとの組み合わせで、3シーズン問題なく利用できます

POINT
  • 空気を入れたり、抜いたりする手間が不要
  • とにかく軽く、持ち運びやすい
  • 高いクッション性と断熱性

小さく収納!インフレータブルマット

f:id:galilei-note:20170819132045j:plain

続いて紹介するのは、空気を抜くことで小さく収納できるインフレータブルマット。

登山、特に縦走でテント泊を計画している方には、小型・軽量なインフレータブルマットがおすすめです

インフレータブルマットのおすすめは、モンベルのU.L.コンフォートシステムシリーズです。

この商品は、空気を抜くことで片手で持てるほどの大きさまで小さくなるだけでなく、チューブ状の形状で空気を中に多く保持できるため、高い断熱性を実現しています

また、長さも150と180の2種類から選ぶことができ、枕も後付け可能。

モンベルならではのオプション製品の多さと保証も魅力の一つです。

秋の高山(3000 m級)ではこのマットだけでは寒いので、他のマットと組み合わせるか、シュラフを工夫するなどしましょう。

POINT
  • 空気を抜くことで小さいサイズで収納できる
  • モンベルならではのオプション製品の多さ・保証

寝心地重視!高いクッション性のエアマット

さいごに紹介するのは、寝心地を重視した、高いクッション性を持つエアマット。

エアマットはどうしても大きくなってしまうので、車などで行くオートキャンプのみで使えます。

エアマットで紹介するのが、アイリスオーヤマのエアベッド。専用のポンプ付きで約2000円(2017年時点)と、破格のコストパフォーマンスです。

膨らます手間は当然かかりますが、実際に寝転んで見るとその寝心地に誰もが驚くはず。

女性やお子さんなど、従来のテントマットの上では寝づらい方でも安心してキャンプに連れて行けます。

開封当初は若干のゴムの匂いがしますので、キャンプで使用する前に開封し、ファブリーズ・リセッシュなどをかけておくことをおすすめします。

POINT
  • 寝心地重視の高いクッション性
  • 高いコストパフォーマンス

さいごに

ここまで、私が実際に使って良いと感じたテントマットを紹介してきました。

テントマット選びは、目的やシーンによって選びかたが難しいもの。

キャンプと登山、両方で使いたい方にはサーマレストのZライト ソルがおすすめです。

収納も簡単で、高い断熱性・クッション性があります。

登山の際は、ザックのサイドにくくりつけることで、収納容量を圧迫しません。

実際私も、北アルプスでテント泊をする際も使用しました。

今回紹介したテントマットから目的にあったテントマットを選び、皆さんが快適なテント泊を楽しまれることを願っています。