読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリレイノート

シンプルで豊かなライフスタイルを目指し発信するメディアです

初心者でも簡単!ハンドドリップでおすすめのコーヒー器具のまとめ

COFFEE

ハンドドリップとは

みなさんは、ドリップでコーヒーを淹れたことはありますか?ドリップとは、細かく挽いたコーヒーの粉の上からお湯をそそぎ、粉を透過させて抽出する方法のことです。

コーヒーメーカーなどで自動で抽出するのもドリップコーヒーで、それに対して自分でお湯を注いでコーヒーを抽出する方法がハンドドリップです。私はハンドドリップが好きで、平日でも時間さえあればハンドドリップでコーヒーを淹れています。

ハンドドリップコーヒーの魅力は、ゆっくり、時間をかけて自分の手で抽出したコーヒーを飲めることですね。手動のミルで豆を挽き、お湯を注ぐときの香りを感じながら淹れるコーヒーは本当に美味しいです。また、ハンドドリップは豆の粗さやお湯の注ぎ方で味が変化するので、自分でコツを掴んで、自分の好みに近づけていくのも楽しみの一つです。

多くの人に気軽にハンドドリップを始めてもらいたいと思うものの、おいしいコーヒーを淹れる方法には諸説あり、なかなかどれが正しいかもわかりませんし、これからハンドドリップを試してみたいと思っている人は、どのような器具を揃えればよいか分かりませんよね。

そこできょうはそんなハンドドリップで私が使っているおすすめのコーヒー器具を紹介したいと思います。ハンドドリップは決して難しくなく、手軽に美味しいコーヒーを飲める方法ですので、多くの人の参考になれば嬉しいです。

おすすめの使いやすいコーヒー器具

Drip Coffee

ハンドドリップに必要な道具は、ハンドドリップ専用デザインの、お湯を注ぐケトル、コーヒー豆を挽くコーヒーミル、コーヒードリッパー、そして抽出したコーヒーを入れるコーヒーサーバーの4つ。今回は、実際に私が使っている4点を紹介します。

ドリップケトル - ハリオ ドリップケトル ヴォ-ノ

ハンドドリップ用のケトルは、普通のケトルと違い、注ぎ口が細く、注ぎやすいように工夫されています。また、この商品は注ぎ口からの水滴だれが非常に少なく、少しづつお湯を注ぎたいときには重宝します。また、持ち手が注ぎやすい形状なのもポイントですね。

ステンレス製のケトルはいくつもありますが、その中ではもっとも作りがよく、高品質な商品だと思います。初めてドリップ用のケトルを買う人は、こちらの商品を買っておけば間違いありません。

コーヒーミル - ハリオ 手挽きコーヒーミル

次は、豆を挽いて粉にするコーヒーミルです。コーヒーミルには電動と手動の2つのタイプがあるのですが、私のおすすめは手動です。手動の方が豆を挽いているときの音、香りを楽しむことができますし、電動だと、数秒だけではありますが、モーター音が大きくうるさいためです。

こちらの手動のコーヒーミルは、粗さも調節でき、金属ではなくセラミック製なので金属臭さや、洗って錆びてしまうという心配がありません。(丸洗いできます。)

ただし、挽くのが面倒でコーヒーを飲まなくなってしまっては本末転倒なので、面倒臭がりな人には、電動のコーヒーミルが良いでしょう。電動のコーヒーミルなら、メリタのパーフェクトタッチという商品がおすすめ。

 音はうるさいですが、粗さと挽く量をダイヤルで調節でき、非常に使いやすい作りになっています。

コーヒーサーバー - ハリオ コーヒーサーバー V60

初めてハンドドリップを始める方は、ドリッパーとコーヒーサーバーをセットで買ってしまうのがおすすめ。

ハリオのコーヒーサーバーV60は低価格ではありますが、一般的なコーヒードリッパー・コーヒーサーバーと全く同じ役割を果たせる製品です。ドリッパーも樹脂製で非常に軽く、使用後の洗浄も非常に楽です。低価格なので、割れてしまってもまた買い直せるというのも嬉しいポイントです。

少々高いのですが、私はケメックスというブランドの一体型コーヒードリッパー・サーバーを使っています。見た目もおしゃれで、一体型なのでドリッパーのぐらつきなどもなく、非常に持ちやすく機能的なデザインです。

 

さて、次の記事ではおいしいコーヒーの淹れ方を紹介したいと思います。私はバリスタとして数年働いた経験があるので、美味しいコーヒーをハンドドリップで淹れる方法を、分かりやすく皆さんにお伝えしたいと思います。お楽しみに!